ダイキンのエアコンクリーニング(F50MTRXP)

ダイキンF50MTRXP

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加

 

ダイキンF50MTRXPのフィルター自動掃除機能付きエアコンクリーニングにあたり、動作確認など一定の確認作業を行っているところです。

 

今回は依頼者が不在でしたので報告を兼ねてページにしています。


 

ご依頼の経緯

 

さいたま市で、2台のダイキンのエアコンクリーニングをしてきました。(F50MTRXP/AN-25PES)奥さんが臭いが気になり、エアコンの中を覗くとかなり汚れている状況でしたのでご依頼いただきました。

エアコンのカビを放置してしまうと、肺炎になったり、夏型肺炎過敏症候群、アレルギーになったりします。放置しないで徹底的にクリーニングをしましょう。

 

私たちが生活する中でも身近なエアコン内部のカビ「トリコスポロン」「アスペルギルス・フミガータス」は、重症なアレルギー症状を起こさせたり、大量に繁殖してしまった結果、肺に穴をあけてしまう恐れがある大変危険なカビなのです。

 

よろしければ当サイトの
エアコン分解クリーニング」に解説が載っていますので見てみてください。

 

クリーニング内容や金額の詳細につきましては、
壁にかけてある状態でのエアコン完全分解クリーニング」をご覧ください。

2011年式ダイキンF50MTRXP

2011年式ダイキンF50MTRXPです。

お掃除ユニット

 

ダイキンF50MTRXPお掃除ユニットです。

 

お掃除ユニットの裏側まで埃が・・・

 

お掃除エアコンなので、クリーニング不要だと思っていたそうです。


 

メンテナンスフリーではありません。

定期的なダストボックス内部・フィルターのクリーニングはご自分でもできますので、必ず定期的に行ってください。

放置してしまうと、エアコン事態の寿命を縮めることもあります。

 

隠蔽配管の処理

 

上記の画像のように隠蔽配管の処理が良くないと、結露した配管の結露水が垂れてきます。

 

エアコンクリーニング後に、処理をし直しました。

 

配線の取り回しや200Vのコンセントの処理など、突っ込みどころが満載でした・・・


 

ダイキンF50MTRXP本体ボディー・エアコンクリーニング前

 

ダイキンF50MTRXP本体ボディー部分です。

 

画像を見て頂くとわかりますが、既定の勾配をつけても、どうしても水が溜まってしまいがちですね。

 

ドレンスライム・カビ・ひどいにおいでした。


 

ウメちゃん

 

も〜笑わずにはいられないっす・・・

 

※写真はうちのチワワのウメちゃんで作業とは一切関係がありません。


 

ダイキンF50MTRXP本体ボディー・エアコンクリーニング後

 

ダイキンF50MTRXP本体ボディー・エアコンクリーニング後です。

 

ライトを当てて確認しながらエアコンクリーニングをしていますので、残っている部分はありません。


取り外したファン

 

取り外したファンです。

 

画像を見て頂くとわかりますが、ギザギザになっているので運が悪いと埃やカビがついてしまいます。

 

ファンも『こびりついたカビ』の前処理洗剤で一定時間洗浄してから本格的に高圧洗浄します。


クリーニング後のファン

 

クリーニング後のファンです。

 

隙間も裏側もとてもきれいになりました。

 

臭いも当然ながらないです。


 

F50MTRXPの熱交換器クリーニング前

 

F50MTRXPの熱交換器クリーニング前の画像です。

 

ある程度大きな固まった埃を取り除いた後の画像です。

 

熱交換器のアルミフィンの隙間が狭いのと、厚みがあるので工夫して洗浄しないと綺麗にはなりません。


F50MTRXPの熱交換器前処理クリーニング

 

ダイキンF50MTRXPの熱交換器前処理クリーニングをしている画像です。

 

殺菌剤のカタラーゼ酵素の過酸化水素水(H2O2)・リパーゼ・アミラーゼ・セルラーゼなどの酵素と、アンモニウム塩(NH4+)、アルファピネン(ナノコロイド)、アビエチン等などの化学反応により、熱交換器を痛めることなく、『カビ』『錆』の両方にアクセスし、本洗浄前に行います。


 

もすけ

 

うひょひょ〜〜〜。参った・・・

 

※写真はうちのチワワのもすけで作業とは一切関係がありません。


 

汚水

 

ダイキンF50MTRXPの熱交換器・ファンから回収された汚水です。


クリーニング後のパーツ

 

電装部品などを外したクリーニング後のパーツです。

 

大体は妻が洗浄し私が確認しながら組み立てます。

 

綺麗にリセットされました!


ダイキンF50MTRXPクリーニング後

 

ダイキンF50MTRXPクリーニング後の画像です。

 

一連の動作確認や、水漏れの確認などを行って終了です。

 

※必ずしも汚れがひどいわけではなく、使用環境や家族構成などにもより汚れ方は一定ではありません。



ダイキンのエアコンクリーニング(AN-25PES)

ダイキンAN-25PES

 

後半は、ダイキンAN-25PESのエアコン分解クリーニングです。

 

一連の動作確認を行っております。


 

もすけ避難

 

げっ!おっさんまだエアコンクリーニング終わらないのか・・・

 

おいらは避難してよっと。

 

ん?チワワにしてはでかい??

 

6キロは軽く超えていますが何か・・・


ファンクリーニング前

 

取り外したクリーニング前のダイキンAN-25PESクロスフローファンです。

 

隙間やエッジの部分が汚れています。

 

結構なにおいです。


 

どんなにエアコンクリーニングで綺麗にしても、エアコンを使用する空間の空気が汚れていると、すぐに汚れてしまいます!

 

金魚鉢のブクブクを綺麗にしても、水槽の壁面や砂利などが汚れていれば、すぐに汚れてしまうのと原理は一緒です!

ファンクリーニング後

 

クリーニングをしてきれいになったファンです。

 

ファンの1枚1枚の羽根はストレートではありません。

 

当然角度を変えて想像し、確認しながらの洗浄が望ましいです。


 

ダイキンAN-25PESボディー

 

取り外したダイキンAN-25PESボディー部分です。

 

臭いの原因は、ファン・熱交換器・ボディー・パーツ全てにあります。

 

構造的に出来れば取り外して細部、までのクリーニングが望ましいです。


クリーニング後のボディー

 

クリーニング後のボディーです。

 

新品のように綺麗になりました。

 

今回は画像に収めていませんが、吹き出しグリル垂直羽やそれを支える黒いステー部分都の隙間にもカビはあります。


 

熱交換器クリーニング前

 

熱交換器クリーニング前の画像です。

 

丸裸です!


熱交換器クリーニング後

 

ダイキンAN-25PESの熱交換器クリーニング後の画像です。

 

内側・後ろ側・隙間まできれいになりました。


クリーニング後の汚水

 

熱交換器とクロスフローファンのみを洗浄した汚水です。


 

エアコンのカビを放置してしまうと、肺炎になったり、夏型肺炎過敏症候群、アレルギーになったりします。放置しないで徹底的にクリーニングをしましょう。

 

私たちが生活する中でも身近なエアコン内部のカビ「トリコスポロン」「アスペルギルス・フミガータス」は、重症なアレルギー症状を起こさせたり、大量に繁殖してしまった結果、肺に穴をあけてしまう恐れがある大変危険なカビなのです。

 

よろしければ当サイトの
エアコン分解クリーニング」に解説が載っていますので見てみてください。

 

クリーニング内容や金額の詳細につきましては、
壁にかけてある状態でのエアコン完全分解クリーニング」をご覧ください。


ダイキンエアコンクリーニング関連リンク

参考ページ

 

 

 

お申し込み

 

今回もお役に立てましたか?

お役に立てましたらソーシャルボタンを押していただけるとまたやる気が出ます。
ほめられて伸びるタイプの子です(^^ゞ
どうぞよろしくお願いいたします。m(_ _)m

コヅカ美掃キャラクター もすけとウメちゃん

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加

 

あなたの探している内容が見つかる!!御利用案内や、人気のあるサービス、個別のクリーニングなどが探せるナビページ

 

困った時のサイトナビ